スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワハラ自殺訴訟 未成年者では初認定

 消火器販売会社に勤めていた当時10代の男性が自殺したのは上司のパワハラが原因だとして、男性の父親が会社と当時の上司に対し約1億1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日福井地検でおこなわれ、会社と上司に対し約7200万円の支払いを命じました。

 原告代理人によりますと、未成年へのパワハラ訴訟で自殺との因果関係が認められたのは「おそらく全国初」としています。

 男性は2010年4月に同社へ入社し、直属の上司から暴言などによるパワハラを受け、同年の12月に自殺。男性は上司からの発言を手帳に記していました。


 
  ~PSRNetworkより~


 ◎管理者教育を行いたい社長さんはこちらをクリック!banner

テーマ : 労働問題解決・労務リスク対策
ジャンル : ビジネス

群馬大学、40代教授をパワハラで懲戒解雇 被害の2人退職、3人休職

 群馬大学は20日、部下の教員5人にパワーハラスメントや暴言を繰り返したとして、大学院医学系研究科の40代の男性教授を懲戒解雇したと発表しました。

 大学によると、教授は2012年1月の着任直後から2013年8月まで、同じ研究室の助教や講師の男性4人と女性1人に対し、退職や休日出勤を強要したり、長時間にわたり叱責、侮辱したりしたとしています。女性に対しては、「結婚は三角、出産はバツ」という旨の発言もあったとし、5人のうち2人が退職、3人がうつ状態などで休職を余儀なくされたということです。

 大学は2012年1月に匿名の投書により、ハラスメントの事実を把握し、同年1月~3月にかけて3度、所属長の研究科長が注意、指導しましたが、翌年夏まで断続的にハラスメントが続いたといいます。

 教授は大学の調査に対し女性蔑視発言を認めましたが、他の行為については「指導の範囲内」と否認しているものもあるということです。また、大学関係者によると、この教授は「ずっと一人で研究してきた。(部下に)どう接したらいいかわからない」と指導法についての悩みを漏らしていたこともあったということです。


 
  ~PSRNetworkより~


 ◎管理者教育を行いたい社長さんはこちらをクリック!banner

テーマ : 労働問題解決・労務リスク対策
ジャンル : ビジネス

会社側に賠償命令 店長自殺はパワハラが原因

 都内の飲食チェーンで店長として勤務していた20代の男性が

4年前に自殺した原因が長時間労働とパワハラが原因として

遺族が損害賠償を求めていた裁判で、

東京地方裁判所は4日、会社側に約5,800万円の賠償を命じました。

 判決では男性は当時1日12時間以上の長時間労働をしていたうえ、

上司からの暴行や暴言を受けていたことが原因と判断し、

「業績向上を目指すあまり、適切な労務管理を怠っていた」と指摘しました。

 
  ~PSRNetworkより~


 ◎社内の環境改善をお考えの社長さんはこちらをクリック!banner

テーマ : 労働問題解決・労務リスク対策
ジャンル : ビジネス

「名ばかり専務」パワハラ自殺で労災認定

 神奈川県の物流業の元専務で、2011年6月に自殺した男性(当時54)について、労働基準監督署が、パワハラや過労によるうつ病が原因として労災認定したことが9月5日に分かりました。

 男性は2009年に専務になりましたが、実態は社長の指示に従って事務作業を行うなど「名ばかり専務」だったといいます。2011年5月に不正経理問題があり、社長からメールで罵られたほか、同年6月になって自殺を図ったことを社長に伝えた際には、包丁を突きつけられ「死ね」などと言われたそうです。男性はその3日後に自殺しました。

 男性の手帳からは、自殺前の6か月間に、月100時間を超える残業が3回あったことが分かっています。会社駐車場の車の中で仮眠を取る状況が月2回ほど続いていました。

 労働基準監督書は、2011年5月下旬にうつ病を発症したと認定しました。専務の肩書があっても、社長の指揮命令で作業する場合は労働者であると認められたことになります。

  ~PSRNetworkより~


 ◎パワハラ防止を図りたい社長さんはこちらをクリック!banner

テーマ : 労働問題解決・労務リスク対策
ジャンル : ビジネス

「若者応援企業」でパワハラがあったとして元社員が提訴 

 厚生労働省が、労働関係法令の違反がないことや若者を正社員に採用しているなど一定の条件を満たした企業を登録する「若者応援企業」制度の登録企業に勤めていた神奈川県在住の元社員の20代の女性が、会社と派遣先などを相手取り、パワハラや長時間労働のために心の病になったとして、賃金や慰謝料など約500万円の支払いを求め、東京地裁に提訴しました。

 女性が訴えたのは、コンピューターのシステム設計などを手掛ける東京都港区のIT会社と派遣先の大手企業など3社で、訴状などによると、女性は2013年11月に港区のIT会社の1か月の研修を受けて入社、別の会社経由で大手企業に派遣されました。研修中の休みは1日で、1か月の研修期間中の賃金は支払われませんでした。IT会社は代理人らに「研修は任意の参加」と話しているということです。また、女性は研修後すぐに十分な指導を受けないまま大手企業に派遣され、そこで対応できない高度の知識が必要な業務を任されましたが、具体的な指導はなく、パワハラやセクハラ発言を受けると共に長時間労働も続き、2か月勤務した後、適応障害と診断され働けなくなったということです。

 厚労省の担当者は「登録企業に法令違反があれば、登録の保留や取り消しを検討する」としています。

  ~PSRNetworkより~


 ◎パワハラ防止対策をお考えの社長さんはこちらをクリック!banner

テーマ : 労働問題解決・労務リスク対策
ジャンル : ビジネス

プロフィール

あべ行政書士・社労士事務所

Author:あべ行政書士・社労士事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。