スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルバー人材でけが 保険適用の訴え認めず 奈良地裁

 2009年にシルバー人材センターに紹介された樹木剪定作業で骨折した男性(2013年

に71歳で死去)の長女が、健康保険が適用されないのは不当として全国健康保険協会

に不支給処分の取り消し、法整備を怠ったとして国に慰謝料など約80万円を求めた

訴訟で、奈良地裁(牧賢二裁判長)は26日、原告側の請求を棄却しました。

 判決などによりますと、男性は2009年11月、奈良県内の住宅にある庭木の手入れを

委託されたが、作業中に石垣が崩れて足の指を骨折しましたが、センターと男性は

雇用関係になく労災保険が適用されませんでした。また当時男性は、長女が加入する

協会けんぽの被扶養者で、健康保険についても「業務上のけが」として適用されませんでした。

 判決で牧裁判長は、不支給処分について「男性の作業は業務に当たり、裁量権の

逸脱はなく適法」と認定しました。

 訴訟を契機に、シルバー人材センターの委託作業中やインターンシップでのけがなど、

労災も健保も適用されない「制度の谷間」の問題が表面化したことから、国は2013年10月

に改正健保法を施行し、業務中のけがや病気で労災保険が適用されない場合に

健康保険が適用されるようになりました。判決は改正法の遡及適用も認めませんでした。


  ~PSRNetworkより~


 
 ◎賃金設定を見直したい社長さんはこちらをクリック!banner
スポンサーサイト

テーマ : 労働問題解決・労務リスク対策
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あべ行政書士・社労士事務所

Author:あべ行政書士・社労士事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。