スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有給休暇の申し出は拒否できるのか?

「旅行に行くので来週から1週間休みます!」と、突然言ってくる労働者がいます。

忙しい時期にそんなに休まれちゃ困る・・・という社長さんのお気持ちはわかりますが、

このような申し出を断ることはできるんでしょうか?




ここに注意

労働基準法で定められている要件(継続勤務と8割出勤)を満たせば、

労働者には当然に年次有給休暇の権利が生じます。

判例でも、『年休の取得について使用者の承認という観念を容れる余地はない』

とされていますので、有給休暇を認めない(与えない)ということは不可能です。


また、従業員の休みが重なった場合など、どうしてもその人に休んでもらっては

困るという場合には、時季変更権(事業の正常な運営が妨げられる場合には、

使用者は時季を変更する権利を有する)を行使することはできますが、

単純に「忙しいから・・・」だけでは認められません。

(そう考えないと、人手不足の事業場ではおよそ年休がとれなくなるからです。)


では、”事業の正常な運営を妨げる場合”とはどんな場合でしょうか?


この点の判断にあたっては『事業の内容、規模、労働者の担当業務の内容、

業務の繁閑、予定された年休の日数、他の労働者の休暇との調整』などの

事情を総合判断する必要がありますが、日常的に業務が忙しいことや

慢性的に人手が足りないことだけでは、この要件は充たされません。

なぜなら、使用者には『労働者の希望が実現できるよう配慮を行うこと』が

求められている
からです。


なお、特に重要視されているのは代替要員の確保です。

その際には、

 ・年休の指定をした労働者の職務にどの程度代替性があるか

 ・客観的に代替要員の確保が可能な状況にあるか

 ・代替要員を確保する時間的余裕があったか

などが考慮されます。



こうすればいい

時季変更権が実際に行使できるかどうかは様々な要素を考慮しなければ

ならないため、こうすればいいと一言でいうのは困難です。

(一般従業員で、代わりがきかないということはまずありえないでしょうしね。)


社長さんが取れる対策としては、日頃から早めの申し出をお願いするとともに、

従業員どおしの休みが重ならないように調整をお願いすることくらいでしょうか。。。

そのためには「有給休暇は○日前までに申し出ること」という

社内ルールを周知徹底することが重要です。

また、『全員が年末年始やお盆などにまとまって年休取得する』という方法もあります。

こちらは計画的付与といいますが、このような方法も効果的かもしれませんよ。



  ◎計画的付与を導入したい社長さんはこちらをクリック!!
banner
スポンサーサイト

テーマ : 労働問題解決・労務リスク対策
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あべ行政書士・社労士事務所

Author:あべ行政書士・社労士事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。